生活習慣や骨など様々な坐骨神経痛の原因

歩行中や立ち上がった時などに臀部や太ももにかけて痺れや痛みを覚えた際には、坐骨神経痛を発症している可能性が高いです。

発症して間もない頃や軽症の段階では不調を感じても湿布薬を使用すれば解消されるので軽く捉えてしまいやすいのですが、繰り返していると強い痛みにより歩行できなくなったり立ち上がる事さえできなくなってしまいます。

日常生活にも大きな影響を生じさせてしまうので早めにケアをする事が大切ですが、念頭に置いておく必要があるのは坐骨神経痛はそれ自体が病気ではなく、あくまでも坐骨神経に生じている痺れや痛みの事を指す総称である事です。

痺れや痛みの原因になる坐骨神経というのは、末梢神経において最も大きな神経であり臀部から太ももを介してふくらはぎにまで繋がっており、さらにすねと足の裏にまで伸びています。

そのように長く広い範囲にわたって存在しているからこそ坐骨神経痛が生じる部位も個人差が大きく、割合的に多いのは臀部から太ももにかけてですが、膝の裏やさらに下方向の不調を訴える方も少なくありません。

座骨神経痛の原因とは

症状を訴える部位に個人差があるのと共に原因にも個人差が大きいのが坐骨神経痛の特徴で、長時間わたるデスクワークなど一見して不健康な過ごし方が原因になる場合の他に、過度な運動が原因で坐骨神経痛になる場合もあります。

坐骨神経痛の原因の中でも、デスクワークや過度な運動の場合は過ごし方を改善する事により症状を解消させられやすいものの、特に注意すべきなのは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因になっている事例です。

椎間板ヘルニアはブロック毎に分かれている骨の間に挟まれるようにして存在している椎間板というクッション材が飛び出る症状ですが、飛び出た椎間板が坐骨神経を圧迫する事によって坐骨神経痛の原因になっている場合があります。

また、脊柱管狭窄症は加齢により脊柱の形状が変化し坐骨神経を圧迫することにより坐骨神経痛の原因に繋がるため、重症化する事を防ぐべく可能な限り早く医療機関を受診する事が大切です。

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院

住所:〒441-8048 愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)

アクセス:豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分