すべり症の原因とその対処法について

一般的に腰の骨は椎体と呼ばれる骨と椎弓と呼ばれる骨の部分で構成されています。

背骨は骨が積み木のように連なってできているものですが、その背骨の中には脊柱管とよばれる神経の通る管が通っています。通常であれば腰椎は背骨がバランスよく連なって構成されているのですが、何らかの原因により背骨がずれてしまいバランスが悪くなると、すべり症を引き起こします。

すべり症は大きく分けると分離すべり症と変性すべり症の二つに分けられます。

それぞれの背骨をつないでいる部分が分離する状態を分離すべり症と呼び、それぞれの背骨の分離はないけれども骨と骨の間にある椎間板が変性することが原因によってずれたものを変性すべり症と呼んでいます。

比較的若い年代でスポーツをしている人たちに多くみられ、成長期に激しく体を回旋したりジャンプ動作などを繰り返すと、少しずつ背骨には負担がかかることになります。

すると腰椎の椎弓部分が折れてしまい、腰椎が二分されるような状態となるでしょう。この状態を放置したまま激しいスポーツなどをしていると、すべり症に発展することがあります。

症状としては腰痛と下肢の痛みが挙げられますが、背骨の神経の圧迫が強い場合には長距離を歩くとお尻や太もも、ふくらはぎなどに痛みやしびれが出てくることがあります。しびれが強くなったり足に力が入りにくくなった場合には、早めに医師の診察を受ける必要があるでしょう。

すべり症の治療方法

すべり症の治療としては、手術などは行われずに基本的には保存療法がおこなわれることになります。装具療法では腰を安静にさせる目的でコルセットを装着します。

また腹筋や背筋などを鍛えて腰や体幹の安静を高めるトレーニングを行います。あまりにもやり過ぎてしまうと腰痛が悪化しやすくなるため注意が必要で、また背中をそらす動作もよくないので注意して行う必要があります。

ストレッチは予防としても有効な方法です。しかし腰のストレッチを行うというよりは、股関節周辺の筋肉をほぐすイメージで行うことが望ましいでしょう。

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院

住所:〒441-8048 愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)

アクセス:豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分