ストレートネックになる原因と誘発される症状

ビジネスシーンに限らず、プライベートシーンでも現代人の生活を成り立たせる上で欠かせないのがスマートフォンやパソコンですが、様々な使い方ができるからこそ、つい使用時間が長くなってしまいやすいものです。

しかし、長時間にわたってスマートフォンやパソコンを使用していると肩や首の筋組織に凝りを感じるようになり、重症化するとストレートネックという骨の病気に繋がる恐れがあります。

実際に現代人の中にはストレートネックを発症している方の割合が非常に高くなっており、単なる肩こりや首こりであると考えていたものの、実はストレートネックを発症していたという事例は稀有ではありません。

ストレートネックというのは名称通り首が真っ直ぐになってしまう状態を指しますが、そもそも人体の首というのは緩やかなカーブを描いているので、真っ直ぐな状態は本来の様子とは異なります。

真っ直ぐになってしまうのはやはりスマートフォンやパソコンが影響を及ぼしているのですが、IT機器が起因になる理由は使用時に見られる特有の姿勢が関係しています。

スマートフォンの場合は、操作したりディスプレイに目を向ける場合には顔の前方かつ下方向に本体を構えるため、自然に頭の位置が肩よりも前側に突き出る様子になります。

頭部の重量は成人でおよそ5kgもあるので、力強く支えられる肩よりも前方向に出てしまうと筋組織や骨には多大なる負担がかかるようになる事から、次第にカーブが失われていきストレートネックを発症します。

しかも、ストレートネックを発症すると首の骨が真っ直ぐになってしまうだけではなく、頭部が本来の位置とは異なった位置になってしまうからこそ血流が悪化する原因にもなり、ますます肩こりや首こりが悪化します。

さらに、血流と共に脳に栄養素も行き届けられ難くなるので、イライラとした気持ちを慢性的に抱くようになったり、不眠症状に悩まされてしまう恐れもあるため、日頃から首の柔軟運動を心がけ直立した時に肩と頭部の位置が直線的になるようにしましょう。

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院

住所:〒441-8048 愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)

アクセス:豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分