• ルーズショルダー  症例

    2019年2月27日

  • ルーズショルダーについて

  • ルーズショルダーは肩の関節を脱臼しやすくなってしまう症状であり、肩を酷使するスポーツなどを行っている人に多い症状となっています。

    野球のピッチャーや水泳選手などのように肩の可動域が大きいことが要求される人に起こりやすく、無理な動かし方をすることでさらに外れやすくなってしまうので、注意をしなければなりません。

    ルーズショルダーは単に肩を脱臼しやすくなってしまうばかりでなく、肩の関節部分が安定しないために動かしているときにバランスを崩して周辺の組織を痛めてしまうなどの症状を生じてしまうことがあります。

    そのため肩の周りが常にうずくような感覚となったり、常に痛みを感じてしまうことになる場合もあり、この場合には体を動かすことが億劫になってしまうことも多いので注意をしなければなりません。

    子供の頃になりやすい

    特に成長期の子供の頃に激しい運動を繰り返す場合に発生しやすいものとなっているため、本人が注意をするだけでなく指導する大人の側も十分に注意をして症状を発生させないようにすることが重要となるのです。

    子供の頃は運動すると筋肉が強くなると言う側面もあるため、ついつい負荷の大きい筋力トレーニングなどを行いがちなものですが、この場合には科学的に裏にかなった方法を選ぶことが重要です。

    特に関節を保持するためには最低限の筋力をバランスよくつけることが重要であり、1部分だけのトレーニングを行うのではなく総合的に筋肉を鍛えるトレーニングを科学的に盛り込むことが必要となります。

    適度にバランスの良い運動を行いながら、過激に肩などを動かさないようにすることがルーズショルダーを防ぐ方法として有効となっているのです。

    ルーズショルダーにお困りならみかも鍼灸接骨院へ

    ルーズショルダーの原因は、関節を保持する筋力がしっかりと出来上がっていないうちに過激な動かし方をすることで周辺の組織を傷つけてしまうとともに不自然に可動域が広がりすぎてしまうことによるものとなっています。

    そのためその原因をしっかりと把握するとともに、関節が外れやすい状態を克服するためにこれを保護するための筋力をつけることが最も効果的な治療法となっているのです。

    ルーズショルダーでお困りならみかも鍼灸接骨院にお任せください。患者様はそれぞれ、痛み方や身体が異なります。
    みかも鍼灸接骨院では、患者様とその症状にしっかりと向き合い、1人1人に合わせた最適な施術を行っています。施術だけでなく、ストレッチ・トレーニングの指導なども積極的に行っていき、信頼される整骨院を目指しています。

  • ルーズショルダーは肩の関節を脱臼しやすくなってしまう症状であり、肩を酷使するスポーツなどを行っている人に多い症状となっています。

    野球のピッチャーや水泳選手などのように肩の可動域が大きいことが要求される人に起こりやすく、無理な動かし方をすることでさらに外れやすくなってしまうので、注意をしなければなりません。

    ルーズショルダーは単に肩を脱臼しやすくなってしまうばかりでなく、肩の関節部分が安定しないために動かしているときにバランスを崩して周辺の組織を痛めてしまうなどの症状を生じてしまうことがあります。

    そのため肩の周りが常にうずくような感覚となったり、常に痛みを感じてしまうことになる場合もあり、この場合には体を動かすことが億劫になってしまうことも多いので注意をしなければなりません。

    子供の頃になりやすい

    特に成長期の子供の頃に激しい運動を繰り返す場合に発生しやすいものとなっているため、本人が注意をするだけでなく指導する大人の側も十分に注意をして症状を発生させないようにすることが重要となるのです。

    子供の頃は運動すると筋肉が強くなると言う側面もあるため、ついつい負荷の大きい筋力トレーニングなどを行いがちなものですが、この場合には科学的に裏にかなった方法を選ぶことが重要です。

    特に関節を保持するためには最低限の筋力をバランスよくつけることが重要であり、1部分だけのトレーニングを行うのではなく総合的に筋肉を鍛えるトレーニングを科学的に盛り込むことが必要となります。

    適度にバランスの良い運動を行いながら、過激に肩などを動かさないようにすることがルーズショルダーを防ぐ方法として有効となっているのです。

    ルーズショルダーにお困りならみかも鍼灸接骨院へ

    ルーズショルダーの原因は、関節を保持する筋力がしっかりと出来上がっていないうちに過激な動かし方をすることで周辺の組織を傷つけてしまうとともに不自然に可動域が広がりすぎてしまうことによるものとなっています。

    そのためその原因をしっかりと把握するとともに、関節が外れやすい状態を克服するためにこれを保護するための筋力をつけることが最も効果的な治療法となっているのです。

    ルーズショルダーでお困りならみかも鍼灸接骨院にお任せください。患者様はそれぞれ、痛み方や身体が異なります。
    みかも鍼灸接骨院では、患者様とその症状にしっかりと向き合い、1人1人に合わせた最適な施術を行っています。施術だけでなく、ストレッチ・トレーニングの指導なども積極的に行っていき、信頼される整骨院を目指しています。