• 症例

    2018年11月30日

  • 脊柱管狭窄症について

  • 背骨のことを医学的な言葉で脊柱と呼び、背骨の中央には親指ぐらいの太さの穴が開いています。

    この穴がつながりできる管のことを脊柱管とよびます。脊柱管は首の骨からおしりの骨まで一本でつながっています。

    脊柱管の中には脊髄が入っていて、脊髄は下にいくにつれて枝分かれし細くなっていきます。脊柱管狭窄症とは様々な原因によって脊柱管の幅が狭くなる病気です。

    脊柱管が狭くなるため、中にある神経が圧迫されて神経症状が現れます。

    腰をかがめる姿勢は脊柱管を広げることにもなるので、症状の改善にもなります。軽症の場合には姿勢により神経が圧迫されている時だけに症状が現れますが、進行すると常に神経が圧迫されている状態になるので、安静にしていたとしても症状があらわれるようになります。さらに進行すると神経にダメージを与えることになり、手術で圧迫を取り除いたとしても完全に回復できなくなるケースもあります。

    脊柱管狭窄症になるにあたり、その原因となる疾患がいくつか存在します。加齢による変形性腰椎症や背骨同士の間にある椎間関節や靭帯の肥厚、椎間板の突出、腰椎すべり症など、さまざまな状態が組み合わさって症状に関係することになります。

    腰椎椎間板ヘルニアの原因

    腰椎椎間板ヘルニアとは上下の背骨の間にある椎間板と呼ばれる組織が壊れることで、中身が外に飛び出した状態です。

    脊柱管の方向に飛び出すことで脊柱管狭窄症を引き起こすことになります。変形性腰椎症とは、加齢などが原因となり腰の骨が少しずつ変形していくことを指します。

    刺激を受けた部分で骨からとげが伸びてきたり、骨と骨の間が狭くなって脊柱管の狭窄にいたります。

    特に若い時に腰を痛めた人や、腰に負担がかかる仕事をしているなど、無理があった場合には変形性腰椎症になりやすいとも言われています。

    腰椎分離症は若いころの運動などが原因で腰椎のうしろのほうに亀裂が入り分離するものです。分離部分が広がると上下の腰椎が連れて分離すべり症を引き起こすことになり、該当する部分では神経が圧迫を受けやすい状態となります。

  • 背骨のことを医学的な言葉で脊柱と呼び、背骨の中央には親指ぐらいの太さの穴が開いています。

    この穴がつながりできる管のことを脊柱管とよびます。脊柱管は首の骨からおしりの骨まで一本でつながっています。

    脊柱管の中には脊髄が入っていて、脊髄は下にいくにつれて枝分かれし細くなっていきます。脊柱管狭窄症とは様々な原因によって脊柱管の幅が狭くなる病気です。

    脊柱管が狭くなるため、中にある神経が圧迫されて神経症状が現れます。

    腰をかがめる姿勢は脊柱管を広げることにもなるので、症状の改善にもなります。軽症の場合には姿勢により神経が圧迫されている時だけに症状が現れますが、進行すると常に神経が圧迫されている状態になるので、安静にしていたとしても症状があらわれるようになります。さらに進行すると神経にダメージを与えることになり、手術で圧迫を取り除いたとしても完全に回復できなくなるケースもあります。

    脊柱管狭窄症になるにあたり、その原因となる疾患がいくつか存在します。加齢による変形性腰椎症や背骨同士の間にある椎間関節や靭帯の肥厚、椎間板の突出、腰椎すべり症など、さまざまな状態が組み合わさって症状に関係することになります。

    腰椎椎間板ヘルニアの原因

    腰椎椎間板ヘルニアとは上下の背骨の間にある椎間板と呼ばれる組織が壊れることで、中身が外に飛び出した状態です。

    脊柱管の方向に飛び出すことで脊柱管狭窄症を引き起こすことになります。変形性腰椎症とは、加齢などが原因となり腰の骨が少しずつ変形していくことを指します。

    刺激を受けた部分で骨からとげが伸びてきたり、骨と骨の間が狭くなって脊柱管の狭窄にいたります。

    特に若い時に腰を痛めた人や、腰に負担がかかる仕事をしているなど、無理があった場合には変形性腰椎症になりやすいとも言われています。

    腰椎分離症は若いころの運動などが原因で腰椎のうしろのほうに亀裂が入り分離するものです。分離部分が広がると上下の腰椎が連れて分離すべり症を引き起こすことになり、該当する部分では神経が圧迫を受けやすい状態となります。

  • 症例

    2018年11月30日

  • 坐骨神経痛について

  • 坐骨神経痛は少し分かりづらい部分ですが腰に近い部分から足先までの痛みが出てきます。

    腰椎からの神経と仙骨からの神経が合わさったものが坐骨神経と言いますがすごく太くその太さはペンぐらいあると言われています。この神経は脳から筋肉への指令を伝えると言う大事な役割があります。

    特に痛みが出る箇所としては坐骨神経の走行部位に沿って痛みやしびれなどが出ることが多く、歩いているときや座っている状態から立とうとしたときにビリビリ痛みが出ます。

    悪化すると痛みで体が動かせなくなったり寝たきりになることもあります。そのままにしておくと酷くなるので放置するのは辞めておいたほうがいいです。

    ではなぜ坐骨神経痛になってしまうのでしょうか。その原因についてですが特に多いとされているのが椎間板ヘルニアです。まだ若いのに坐骨神経痛が出るのは椎間板ヘルニアの可能性が高いです。

    椎間板が何かの原因で飛び出し、飛び出したものが坐骨神経に当たることによって痛みが出ます。

    若い人から高年齢の方まで起こる症状なのでまずこの病気を疑ってみてください。

    次に中高年に多いとされている原因は脊柱管狭窄症になっていて痛みが出ることがあります。

    当院へお任せください

    脊柱管狭窄症により脊柱管が圧迫されて、圧迫されたものが他の神経を更に圧迫することになり坐骨神経に痛みが走ります。

    この症状は神経の他にも間接付近に痛みが出ることが多いので気になったら当院へお任せください。

    他には梨状筋症候群によって痛むことがあります。お尻の筋肉が原因で神経が圧迫されて起きます。

    坐骨神経痛は病気ではなく他の部分が原因で痛みが出る症状なので、腰から足先全体が痛いなと感じたら検査を行うようにしてください。

    放置しておいても良いことはなく余計に痛みが出たり、痺れたり酷い時には立てない座れないという状態になってしまいます。必ず医者に診てもらって適切な処置をしてもらうようにしましょう。

  • 坐骨神経痛は少し分かりづらい部分ですが腰に近い部分から足先までの痛みが出てきます。

    腰椎からの神経と仙骨からの神経が合わさったものが坐骨神経と言いますがすごく太くその太さはペンぐらいあると言われています。この神経は脳から筋肉への指令を伝えると言う大事な役割があります。

    特に痛みが出る箇所としては坐骨神経の走行部位に沿って痛みやしびれなどが出ることが多く、歩いているときや座っている状態から立とうとしたときにビリビリ痛みが出ます。

    悪化すると痛みで体が動かせなくなったり寝たきりになることもあります。そのままにしておくと酷くなるので放置するのは辞めておいたほうがいいです。

    ではなぜ坐骨神経痛になってしまうのでしょうか。その原因についてですが特に多いとされているのが椎間板ヘルニアです。まだ若いのに坐骨神経痛が出るのは椎間板ヘルニアの可能性が高いです。

    椎間板が何かの原因で飛び出し、飛び出したものが坐骨神経に当たることによって痛みが出ます。

    若い人から高年齢の方まで起こる症状なのでまずこの病気を疑ってみてください。

    次に中高年に多いとされている原因は脊柱管狭窄症になっていて痛みが出ることがあります。

    当院へお任せください

    脊柱管狭窄症により脊柱管が圧迫されて、圧迫されたものが他の神経を更に圧迫することになり坐骨神経に痛みが走ります。

    この症状は神経の他にも間接付近に痛みが出ることが多いので気になったら当院へお任せください。

    他には梨状筋症候群によって痛むことがあります。お尻の筋肉が原因で神経が圧迫されて起きます。

    坐骨神経痛は病気ではなく他の部分が原因で痛みが出る症状なので、腰から足先全体が痛いなと感じたら検査を行うようにしてください。

    放置しておいても良いことはなく余計に痛みが出たり、痺れたり酷い時には立てない座れないという状態になってしまいます。必ず医者に診てもらって適切な処置をしてもらうようにしましょう。

  • 症例

    2018年11月30日

  • 腰痛について

  • 腰痛はとても広い範囲で用いられる症状であり、腰部の骨や筋肉が根本的な原因になっている事例の他に、内臓に発症している病気の一つの症状として腰痛になる事例もあります。

    身体を動かした際や歩行をしている時に痛みを感じる場合は腰部に原因がありますが、腰部に根源があったとしても急性腰痛症をはじめ腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症や腰部変形性脊椎症に分類されます。

    急性腰痛症は重量がある物を持ち上げた時に発症する症状でぎっくり腰とも呼ばれる事があり、腰に生じる不調の中では最も発症する可能性が高く患者数も多いです。

    腰椎椎間板ヘルニアは、5つの骨から構成されている腰椎のそれぞれの間に存在している椎間板という吸収剤のような作用をする組織が、様々な原因により当初の位置からずれ動いてしまい神経や脊髄を圧迫させる病気です。

    腰椎椎間板ヘルニアは単に腰痛に見舞われるのではなく、排便が困難になるという問題も併発してしまいます。

    腰痛が原因で起こる病気

    同様に腰部の組織がずれ動く事が原因の腰痛が腰椎すべり症があり、発症すると腰から下部にかけて痺れを伴うようになるのですが、痺れが引き起こされる恐れがあるのは腰部脊柱管狭窄症と腰部変形性脊椎症も例外ではありません。

    腰部脊柱管狭窄症と腰部変形性脊椎症は腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症のように組織がずれるのではなく椎間板や腰椎、脊髄を通るスペースが物理的に変形してしまう事が原因です。

    組織がずれ動いてしまう事と変形してしまう事というように根源は違いますが、痺れという点では共通していますし次第にずれや変形が大きくなるとますます痺れが強まり、手術を施さなければ足を着いたり動かす事ができなくなってしまいます。

    そして、内臓の病気が腰痛を併発している場合は泌尿器系や消化器系、血管や婦人系の病気が原因になりやすく、内臓の病気により併発している時には腰痛と合わせて発熱もしやすいので、全身症状にも目を向け原因を見逃さないようにしましょう。

  • 腰痛はとても広い範囲で用いられる症状であり、腰部の骨や筋肉が根本的な原因になっている事例の他に、内臓に発症している病気の一つの症状として腰痛になる事例もあります。

    身体を動かした際や歩行をしている時に痛みを感じる場合は腰部に原因がありますが、腰部に根源があったとしても急性腰痛症をはじめ腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症や腰部変形性脊椎症に分類されます。

    急性腰痛症は重量がある物を持ち上げた時に発症する症状でぎっくり腰とも呼ばれる事があり、腰に生じる不調の中では最も発症する可能性が高く患者数も多いです。

    腰椎椎間板ヘルニアは、5つの骨から構成されている腰椎のそれぞれの間に存在している椎間板という吸収剤のような作用をする組織が、様々な原因により当初の位置からずれ動いてしまい神経や脊髄を圧迫させる病気です。

    腰椎椎間板ヘルニアは単に腰痛に見舞われるのではなく、排便が困難になるという問題も併発してしまいます。

    腰痛が原因で起こる病気

    同様に腰部の組織がずれ動く事が原因の腰痛が腰椎すべり症があり、発症すると腰から下部にかけて痺れを伴うようになるのですが、痺れが引き起こされる恐れがあるのは腰部脊柱管狭窄症と腰部変形性脊椎症も例外ではありません。

    腰部脊柱管狭窄症と腰部変形性脊椎症は腰椎椎間板ヘルニアや腰椎すべり症のように組織がずれるのではなく椎間板や腰椎、脊髄を通るスペースが物理的に変形してしまう事が原因です。

    組織がずれ動いてしまう事と変形してしまう事というように根源は違いますが、痺れという点では共通していますし次第にずれや変形が大きくなるとますます痺れが強まり、手術を施さなければ足を着いたり動かす事ができなくなってしまいます。

    そして、内臓の病気が腰痛を併発している場合は泌尿器系や消化器系、血管や婦人系の病気が原因になりやすく、内臓の病気により併発している時には腰痛と合わせて発熱もしやすいので、全身症状にも目を向け原因を見逃さないようにしましょう。

  • 症例

    2018年11月30日

  • 肩こりについて

  • 肩こりの原因は一つではありません。様々な要因が重なって鈍痛や重苦しさや息苦しさや頭痛やめまいや吐き気やだるさや慢性的な痛みなどのつらい症状に繋がってしまいます。

    対策を行う前に、まずは自分の肩こりの原因や原因に繋がる要因が何なのかについて特定し、症状に繋がるメカニズムなどについて正しく理解しておく必要があります。

    肩こりの原因としては、代謝の低下や血流の悪化や筋肉のこわばりなどがあります。

    これらの原因に繋がる要因は数多く存在します。具体的な要因についてですが、

    ・暴飲暴食や過度なダイエットなどで食生活が乱れていて健康な体を維持するために必要な栄養が不足している

    ・睡眠や運動が不足していたり生活リズムが不規則だったりタバコを吸っていたりなどの生活習慣、姿勢が悪く猫背になりがちで骨盤が歪んでいる

    ・座りっぱなしの時間や立ちっぱなしの時間が多い職業に就いていてあまり体を動かさない、冷え性やむくみや便秘などの症状があり体の巡りが悪い

    ・こまめに水分を摂取する習慣がない、加齢で筋肉の量が減少してきている

    ・ホルモンバランスや自律神経の乱れが生じていて疲労やストレスも蓄積している、スマートフォンやタブレットやパソコンなどの画面を見ている時間が長いなどがあります。

    心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。

    当院へお任せください

    まずは、原因に繋がる要因の一つ一つを見直していくことが大切です。

    自分の今まで生活習慣を見直して、栄養バランスがとれた質の良い食事をとったり良質な睡眠を意識したり積極的に運動を行ったり疲労回復やストレス解消に努めたり禁煙をしたりこまめな水分補給をしたり体を冷やさないようにしたり姿勢を正しく保つことを意識したりなど、すぐに出来ることから始めることが肩こりの改善への第一歩となります。

    骨盤の歪みがひどい場合は、当院へお任せください。骨盤を矯正致します。積極的に対策を行って少しずつ肩こりの症状を緩和させていきましょう。

  • 肩こりの原因は一つではありません。様々な要因が重なって鈍痛や重苦しさや息苦しさや頭痛やめまいや吐き気やだるさや慢性的な痛みなどのつらい症状に繋がってしまいます。

    対策を行う前に、まずは自分の肩こりの原因や原因に繋がる要因が何なのかについて特定し、症状に繋がるメカニズムなどについて正しく理解しておく必要があります。

    肩こりの原因としては、代謝の低下や血流の悪化や筋肉のこわばりなどがあります。

    これらの原因に繋がる要因は数多く存在します。具体的な要因についてですが、

    ・暴飲暴食や過度なダイエットなどで食生活が乱れていて健康な体を維持するために必要な栄養が不足している

    ・睡眠や運動が不足していたり生活リズムが不規則だったりタバコを吸っていたりなどの生活習慣、姿勢が悪く猫背になりがちで骨盤が歪んでいる

    ・座りっぱなしの時間や立ちっぱなしの時間が多い職業に就いていてあまり体を動かさない、冷え性やむくみや便秘などの症状があり体の巡りが悪い

    ・こまめに水分を摂取する習慣がない、加齢で筋肉の量が減少してきている

    ・ホルモンバランスや自律神経の乱れが生じていて疲労やストレスも蓄積している、スマートフォンやタブレットやパソコンなどの画面を見ている時間が長いなどがあります。

    心当たりがあるという人も多いのではないでしょうか。

    当院へお任せください

    まずは、原因に繋がる要因の一つ一つを見直していくことが大切です。

    自分の今まで生活習慣を見直して、栄養バランスがとれた質の良い食事をとったり良質な睡眠を意識したり積極的に運動を行ったり疲労回復やストレス解消に努めたり禁煙をしたりこまめな水分補給をしたり体を冷やさないようにしたり姿勢を正しく保つことを意識したりなど、すぐに出来ることから始めることが肩こりの改善への第一歩となります。

    骨盤の歪みがひどい場合は、当院へお任せください。骨盤を矯正致します。積極的に対策を行って少しずつ肩こりの症状を緩和させていきましょう。

  • 症例

    2018年11月30日

  • 分離症・すべり症について

  • 分離症は主に腰に起こる症状で、医療機関においては腰椎、あるいは脊椎分離症とも呼ばれています。
    具体的には、腰椎に圧力が掛かり骨折するのが特徴で、腰やお尻と太ももなどに痺れが生じます。

    具体的には、腰椎に圧力が掛かり骨折するのが特徴で、腰やお尻と太ももなどに痺れが生じます。

    腰を反った時に痛みが増しやすく、スポーツ選手の約3割が患っているというデータもあります。
    骨の成長が未発達の子供は、激しい運動やスポーツの練習によって、繰り返し腰に負担が掛かり発祥の原因となりがちです。

    実際にそういうケースが多数報告されていますから、成長期の子供は特に注意した方が良いでしょう。

    分離症の特徴

    痛みが発生する原因は、骨が分離した部分に新たに作られる骨が、神経に触れることが一番大きいと考えられています。

    分離症は痛みのみが生じるとは限らないですが、加齢によって原因から痛みを感じ始める場合も少なくないです。

    症状の放置は悪化を招きますし、歩行に影響を与えることで知られる、脊椎すべり症の一種分離すべり症に進行するリスクを高めます。
    これは骨の分離が進むことが原因で、腰椎が前後にズレてしまうことから、単なる分離症と比べて痛みや痺れが強くなります。

    神経の圧迫が腰痛に変わり、慢性化してしまうケースもあるので、違和感を覚えたら速やかに医師に相談するのがおすすめです。

    当院へお任せください

    相談先は当院がベストで、専門的な知識と設備で詳しく調べてもらえます。
    発症に気が付かず、時間が経ってから分離症だと判明することもありますから、悪化を防ぐ為に早期の診断と治療の開始が必要です。

    ただ、レントゲンのみでは正しく判断できなかったり、単なる腰痛と診断されてしまう場合もあります。

    原因は度重なる腰の負担ですから、思い当たる節がある人は、自覚症状がなくても定期的に検査を受けるのが賢明です。

    分離症を疑っていて明確な診断が得られない時は、セカンドオピニオンを求めるのも良いです。

    原因を特定しますので、どのような症状を患っているかが判明しますし、分離症と分かれば適切な治療が受けられます。

  • 分離症は主に腰に起こる症状で、医療機関においては腰椎、あるいは脊椎分離症とも呼ばれています。
    具体的には、腰椎に圧力が掛かり骨折するのが特徴で、腰やお尻と太ももなどに痺れが生じます。

    具体的には、腰椎に圧力が掛かり骨折するのが特徴で、腰やお尻と太ももなどに痺れが生じます。

    腰を反った時に痛みが増しやすく、スポーツ選手の約3割が患っているというデータもあります。
    骨の成長が未発達の子供は、激しい運動やスポーツの練習によって、繰り返し腰に負担が掛かり発祥の原因となりがちです。

    実際にそういうケースが多数報告されていますから、成長期の子供は特に注意した方が良いでしょう。

    分離症の特徴

    痛みが発生する原因は、骨が分離した部分に新たに作られる骨が、神経に触れることが一番大きいと考えられています。

    分離症は痛みのみが生じるとは限らないですが、加齢によって原因から痛みを感じ始める場合も少なくないです。

    症状の放置は悪化を招きますし、歩行に影響を与えることで知られる、脊椎すべり症の一種分離すべり症に進行するリスクを高めます。
    これは骨の分離が進むことが原因で、腰椎が前後にズレてしまうことから、単なる分離症と比べて痛みや痺れが強くなります。

    神経の圧迫が腰痛に変わり、慢性化してしまうケースもあるので、違和感を覚えたら速やかに医師に相談するのがおすすめです。

    当院へお任せください

    相談先は当院がベストで、専門的な知識と設備で詳しく調べてもらえます。
    発症に気が付かず、時間が経ってから分離症だと判明することもありますから、悪化を防ぐ為に早期の診断と治療の開始が必要です。

    ただ、レントゲンのみでは正しく判断できなかったり、単なる腰痛と診断されてしまう場合もあります。

    原因は度重なる腰の負担ですから、思い当たる節がある人は、自覚症状がなくても定期的に検査を受けるのが賢明です。

    分離症を疑っていて明確な診断が得られない時は、セカンドオピニオンを求めるのも良いです。

    原因を特定しますので、どのような症状を患っているかが判明しますし、分離症と分かれば適切な治療が受けられます。

  • 症例

    2018年11月30日

  • ぎっくり腰について

  • まだ若い上に健康意識を高く持っており日頃から運動に勤しんでいる方でも安心できないのがぎっくり腰であり、その理由は一般的に考えられているように運動不足の中年以降の方が発症する症状ではないためです。

    ぎっくり腰は正式な医学名称では急性腰痛症と呼ばれ、突如として激痛に見舞われる様子から、海外では魔女の一撃と言われている程突発的に強烈な痛みに見舞われるのが特徴です。

    一言でぎっくり腰とは言っても程度には若干の差異がありますが、重度の場合だとその場で立ち上がる事ができなくなる事はもちろん、思わず横になっても寝返りさえ打てなくなってしまうほどです。

    ぎっくり腰は床など低い所に置いてある比較的重量感がある物を持ち上げた時に発症する印象が強く持たれており、作品などでも物を持ち上げた途端に発症する描写が描かれている事が多いですが、実際には原因は個人差が大きく必ずしも重量感がある物を持ち上げた事が引き金になるわけではありません。

    ぎっくり腰の原因

    具体的には加齢や日頃の生活習慣により生じてしまっている歪みや腰部に位置している筋組織の衰え、スポーツ競技により過剰に筋組織に負担を与えてしまった事などがあり、腰に負担がかかるという点では共通しているものの、一見すると健康的に見える運動中でさえもぎっくり腰になるリスクは高くあります。

    原因に個人差があるのと同様に完治するまでに要する日数にも個人差があり、痛みのあまり些細な日常生活でさえもままならない様子は平均的におよそ3日間で快方に向かう事例が多いです。

    その後は要所要所で痛みや不調を感じるつつも少しずつ日常生活が営めるようになるまで回復していき、完治はぎっくり腰を発症してからおよそ10日目を迎えたタイミングです。

    運動不足が原因でぎっくり腰になったと考える方の場合、安静にしているよりも意識的に動かした方が良いという考えに至る方が少なくないですが、無理に動かすのは逆効果なので発症後1週間はケアを基本にし、その後様子を見ながらリハビリに励んでいきましょう。

  • まだ若い上に健康意識を高く持っており日頃から運動に勤しんでいる方でも安心できないのがぎっくり腰であり、その理由は一般的に考えられているように運動不足の中年以降の方が発症する症状ではないためです。

    ぎっくり腰は正式な医学名称では急性腰痛症と呼ばれ、突如として激痛に見舞われる様子から、海外では魔女の一撃と言われている程突発的に強烈な痛みに見舞われるのが特徴です。

    一言でぎっくり腰とは言っても程度には若干の差異がありますが、重度の場合だとその場で立ち上がる事ができなくなる事はもちろん、思わず横になっても寝返りさえ打てなくなってしまうほどです。

    ぎっくり腰は床など低い所に置いてある比較的重量感がある物を持ち上げた時に発症する印象が強く持たれており、作品などでも物を持ち上げた途端に発症する描写が描かれている事が多いですが、実際には原因は個人差が大きく必ずしも重量感がある物を持ち上げた事が引き金になるわけではありません。

    ぎっくり腰の原因

    具体的には加齢や日頃の生活習慣により生じてしまっている歪みや腰部に位置している筋組織の衰え、スポーツ競技により過剰に筋組織に負担を与えてしまった事などがあり、腰に負担がかかるという点では共通しているものの、一見すると健康的に見える運動中でさえもぎっくり腰になるリスクは高くあります。

    原因に個人差があるのと同様に完治するまでに要する日数にも個人差があり、痛みのあまり些細な日常生活でさえもままならない様子は平均的におよそ3日間で快方に向かう事例が多いです。

    その後は要所要所で痛みや不調を感じるつつも少しずつ日常生活が営めるようになるまで回復していき、完治はぎっくり腰を発症してからおよそ10日目を迎えたタイミングです。

    運動不足が原因でぎっくり腰になったと考える方の場合、安静にしているよりも意識的に動かした方が良いという考えに至る方が少なくないですが、無理に動かすのは逆効果なので発症後1週間はケアを基本にし、その後様子を見ながらリハビリに励んでいきましょう。

  • 症例

    2018年11月30日

  • ストレートネックについて

  • 健康な人間の首の骨はストレートの形状にはなっていません。どれだけ背筋を伸ばしても、なだらかなカーブになっているのが正常な状態です。

    ストレートネックとは何らかの原因によって、首の骨が真っすぐになってしまった状態を指します。もしストレートネックになった場合は、生活習慣をはじめとしてさまざまな原因が考えられます。

    そのなかでも特に影響をもたらすのは、不自然な姿勢で長時間すごしていることです。具体的には、前かがみの姿勢でい続けると起こりやすくなります。

    いわゆる猫背と呼ばれるもので、現代社会では多くの人が無意識のうちに、そのような姿勢を取っているのです。たとえばスマートフォンを操作しているときは、画面を見るために多かれ少なかれ前傾した状態になってしまいます。電車の座席などに座ってスマートフォンを操作している人の多くは、かなり前傾姿勢になっているのが一般的です。

    ストレートネックになる原因

    あからさまに顔を前方に突きだすような状態になっている人も珍しくありません。とても不自然な姿勢ですが、本人はそう感じていないことが多いです。

    仕事などでパソコンを日常的に使う人もそのような姿勢を取りがちです。

    そうやって顔が前方に下がっていく姿勢になっていると、周囲の筋肉や骨に負荷がかかるようになります。重力で引かれる顔を持ち上げようとして、反作用の力が常に働き続けることになるからです。

    その結果としてコリを感じるようになったり、ひどい場合は痛みを伴うようになったりします。首から肩にかけての筋肉が著しく硬くなってしまい、頸椎が強引に引きのばされたような状態になりやすいです。

    慢性化してしまうと、姿勢を正したときでも頸椎の自然なカーブが再現されなくなります。

    このようにストレートネックになる原因は、姿勢の悪さによって引き起こされるカーブの損失です。

    また広義では、スマートフォンやパソコンが原因とも考えられるため、情報化社会によって生み出された症状ともいわれています。

  • 健康な人間の首の骨はストレートの形状にはなっていません。どれだけ背筋を伸ばしても、なだらかなカーブになっているのが正常な状態です。

    ストレートネックとは何らかの原因によって、首の骨が真っすぐになってしまった状態を指します。もしストレートネックになった場合は、生活習慣をはじめとしてさまざまな原因が考えられます。

    そのなかでも特に影響をもたらすのは、不自然な姿勢で長時間すごしていることです。具体的には、前かがみの姿勢でい続けると起こりやすくなります。

    いわゆる猫背と呼ばれるもので、現代社会では多くの人が無意識のうちに、そのような姿勢を取っているのです。たとえばスマートフォンを操作しているときは、画面を見るために多かれ少なかれ前傾した状態になってしまいます。電車の座席などに座ってスマートフォンを操作している人の多くは、かなり前傾姿勢になっているのが一般的です。

    ストレートネックになる原因

    あからさまに顔を前方に突きだすような状態になっている人も珍しくありません。とても不自然な姿勢ですが、本人はそう感じていないことが多いです。

    仕事などでパソコンを日常的に使う人もそのような姿勢を取りがちです。

    そうやって顔が前方に下がっていく姿勢になっていると、周囲の筋肉や骨に負荷がかかるようになります。重力で引かれる顔を持ち上げようとして、反作用の力が常に働き続けることになるからです。

    その結果としてコリを感じるようになったり、ひどい場合は痛みを伴うようになったりします。首から肩にかけての筋肉が著しく硬くなってしまい、頸椎が強引に引きのばされたような状態になりやすいです。

    慢性化してしまうと、姿勢を正したときでも頸椎の自然なカーブが再現されなくなります。

    このようにストレートネックになる原因は、姿勢の悪さによって引き起こされるカーブの損失です。

    また広義では、スマートフォンやパソコンが原因とも考えられるため、情報化社会によって生み出された症状ともいわれています。

  • 症例

    2018年11月30日

  • 膝の痛みについて

  • 膝の痛みの原因はいろいろと考えられる事がありますが、事故などで直接的な原因が考えられない場合は、加齢によるものや、筋肉の衰えや、軟骨がすり減るというような事が考えられます。

    関節というのは、軟骨とそれを支える周囲の筋肉が大きな働きをする事になるので、これが様々な事から正常に機能しなくなるという事で、痛みを感じるようになるという事です。

    膝というのは人の身体の重さを全て支えているといって良いでしょうから、立っている場合には大きな負荷が常にかかるような事になっているので、ここに様々な異常が出て来やすいという特徴があるといって良いでしょう。

    筋肉が加齢や運動不足によって衰えてしまうと、正常に関節を動かすことが出来なくなるので、これによって様々な炎症が出てくるようになります。

    膝の痛みの原因とは

    動かさないというのも関節には良くない事で、全く筋肉が動かないと関節が固まってしまって可動域が極端に少なくなるという事も良くあります。

    動く範囲が限られるわけですから、ますます動かすことが出来なくなり、更に筋肉の硬直が進むという悪循環で悪くなっていく事が考えられるのが、膝に症状が出て来やすい理由の一つという事もいえるはずです。

    加齢による原因分はどうしようもありませんが、運動不足や関節を動かさない事による不具合は、やり方次第で改善をしていく事が出来るので、出来るだけ時間を見つけてはストレッチをするというような事をすると良いでしょう。

    関節は一度固まってしまっても、何度も動かしていると可動域を広げるという事も出来るものです。

    更にはストレッチをすると同時に関節周りの筋肉を鍛えることも出来るので、正常に関節を保護するという機能を果たすようにもする事が出来ます。

    痛みを感じるところまでは曲げ伸ばしする必要はありませんが、出来るだけ痛みを感じない範囲でストレッチをするようになると、症状はかなり改善されることもあります。

    また栄養も大切でバランスよく食べて骨や筋肉が出来やすい環境を作る事も大切です。

  • 膝の痛みの原因はいろいろと考えられる事がありますが、事故などで直接的な原因が考えられない場合は、加齢によるものや、筋肉の衰えや、軟骨がすり減るというような事が考えられます。

    関節というのは、軟骨とそれを支える周囲の筋肉が大きな働きをする事になるので、これが様々な事から正常に機能しなくなるという事で、痛みを感じるようになるという事です。

    膝というのは人の身体の重さを全て支えているといって良いでしょうから、立っている場合には大きな負荷が常にかかるような事になっているので、ここに様々な異常が出て来やすいという特徴があるといって良いでしょう。

    筋肉が加齢や運動不足によって衰えてしまうと、正常に関節を動かすことが出来なくなるので、これによって様々な炎症が出てくるようになります。

    膝の痛みの原因とは

    動かさないというのも関節には良くない事で、全く筋肉が動かないと関節が固まってしまって可動域が極端に少なくなるという事も良くあります。

    動く範囲が限られるわけですから、ますます動かすことが出来なくなり、更に筋肉の硬直が進むという悪循環で悪くなっていく事が考えられるのが、膝に症状が出て来やすい理由の一つという事もいえるはずです。

    加齢による原因分はどうしようもありませんが、運動不足や関節を動かさない事による不具合は、やり方次第で改善をしていく事が出来るので、出来るだけ時間を見つけてはストレッチをするというような事をすると良いでしょう。

    関節は一度固まってしまっても、何度も動かしていると可動域を広げるという事も出来るものです。

    更にはストレッチをすると同時に関節周りの筋肉を鍛えることも出来るので、正常に関節を保護するという機能を果たすようにもする事が出来ます。

    痛みを感じるところまでは曲げ伸ばしする必要はありませんが、出来るだけ痛みを感じない範囲でストレッチをするようになると、症状はかなり改善されることもあります。

    また栄養も大切でバランスよく食べて骨や筋肉が出来やすい環境を作る事も大切です。

  • 症例

    2018年11月30日

  • シンスプリントについて

  • シンスプリントとはふくらはぎの筋肉を使いすぎたり、アスファルトのようなかたい道路を走ることでふくらはぎに負担がかかり痛みが生じるものです。脛の内側が痛くなったり、走ると痛い、安静にしているときには痛くないなどの特徴があり、似たような症状として疲労骨折が挙げられます。

    シンスプリントは比較的痛みの場所が広いのに対し、疲労骨折の場合には場所が限定されています。しかし大きな差がないため、MRIの画像診断により判断することになります。

    シンスプリントの原因

    シンスプリントが発症する原因は様々ですが、原因となる動きがいくつかあります。まず最初に接地で土踏まずがつぶれることです。

    この状態になると足の裏の筋肉が引っ張られた状態で機能しなくてはならなくなり、筋肉の付着部分でもある脛に大きなストレスがかかることになります。そして過度に足の外側に接地することも原因の一つとされています。

    本来であれば地面に足をつける時にはかかとから接地することになります。この場合かかとの外側からついて、かかとが衝撃を吸収するために内側に倒れることになるでしょう。

    この動きが少なければ衝撃が脛に直接伝わることになり、これが原因となって痛みが生じます。そして蹴るのが強いことも原因の一つと言えるでしょう。

    シンスプリントの予防方法

    蹴り出す時には足首の動きだけではなく股関節の動きも重要です。しかし足首だけで蹴り出してしまった場合には、筋肉の負担が大きくなって痛みの原因となります。

    改善方法としては、足首や股関節の関節がかたいとストレスが増加することになるので、ストレッチを行いましょう。

    ふくらはぎのストレッチや股関節のストレッチなどを行い、柔軟性と同様に土踏まずの機能を高める必要もあります。

    土踏まずがつぶれることが原因になっている場合には、インソールを使うことも有効といえます。しかし重症となると土踏まずが下がるわけではないため、重症の場合には不向きなのでほかの方法を検討する必要があります。

  • シンスプリントとはふくらはぎの筋肉を使いすぎたり、アスファルトのようなかたい道路を走ることでふくらはぎに負担がかかり痛みが生じるものです。脛の内側が痛くなったり、走ると痛い、安静にしているときには痛くないなどの特徴があり、似たような症状として疲労骨折が挙げられます。

    シンスプリントは比較的痛みの場所が広いのに対し、疲労骨折の場合には場所が限定されています。しかし大きな差がないため、MRIの画像診断により判断することになります。

    シンスプリントの原因

    シンスプリントが発症する原因は様々ですが、原因となる動きがいくつかあります。まず最初に接地で土踏まずがつぶれることです。

    この状態になると足の裏の筋肉が引っ張られた状態で機能しなくてはならなくなり、筋肉の付着部分でもある脛に大きなストレスがかかることになります。そして過度に足の外側に接地することも原因の一つとされています。

    本来であれば地面に足をつける時にはかかとから接地することになります。この場合かかとの外側からついて、かかとが衝撃を吸収するために内側に倒れることになるでしょう。

    この動きが少なければ衝撃が脛に直接伝わることになり、これが原因となって痛みが生じます。そして蹴るのが強いことも原因の一つと言えるでしょう。

    シンスプリントの予防方法

    蹴り出す時には足首の動きだけではなく股関節の動きも重要です。しかし足首だけで蹴り出してしまった場合には、筋肉の負担が大きくなって痛みの原因となります。

    改善方法としては、足首や股関節の関節がかたいとストレスが増加することになるので、ストレッチを行いましょう。

    ふくらはぎのストレッチや股関節のストレッチなどを行い、柔軟性と同様に土踏まずの機能を高める必要もあります。

    土踏まずがつぶれることが原因になっている場合には、インソールを使うことも有効といえます。しかし重症となると土踏まずが下がるわけではないため、重症の場合には不向きなのでほかの方法を検討する必要があります。

  • 症例

    2018年11月30日

  • オスグッドについて

  • オスグッドは成長期の子供に良く見られる症状で、膝の脛骨が出てきて痛むという骨軟骨炎です。

    脛骨が出てくる理由は筋肉に引っ張られるということなのですが、成長期の子供に出て来やすいという事は、まだ骨と筋肉のバランスが確定していない時期に、様々なトレーニングや負荷がかかるということによって、この周囲の筋肉が異様に緊張して引っ張るという事をするので、骨軟骨が出てきてしまうという事があるからです。

    スポーツをしている子供に多いという事からも、この原因が筋肉や骨のバランスの異常から来ているという事が分かります。

    大人になってからはあまり見られない症状ですから、ある程度骨と筋肉のバランスが確定して安定すると出にくい事になると考えられます。
    当然の事ではありますが、子供の中でもこの症状が出る子供と出ない子供がいますし、出ても痛みを感じるところまではいかないというケースもあります。

    オスグッドになりやすい原因

    痛みを感じるという事になれば、これは医者に診てもらって治療をしなければならないでしょう。痛みを感じないというケースでも、その症状が更に進行すれば痛みを感じるようになることも考えられるので、医者に診てもらうという事を考えた方がいいかもしれません。

    骨というのは実は毎日作られていて、常に作り替えられるという事になっています。この時に大きな負荷が常にかかり続けるということになると、その部分が出てきて変形してしまうという事があるわけです。

    それが起きたのがこのオスグッドという状態で、大抵は大腿四頭筋と言われる筋肉が引っ張り上げているためだと考えられます。

    きつい運動をするような場合でも、事前にストレッチをしっかりとして、筋肉の曲げ伸ばしを丁寧にしていると、この症状は出にくくなるのですが、急に大きな負荷がかかると、それをきっかけにして常に筋肉が緊張し続ける状態になるので、オスグッドになりやすいと考えられています。ですから、運動の強度と入念なストレッチがこの症状を予防する鍵という事になるでしょう。

  • オスグッドは成長期の子供に良く見られる症状で、膝の脛骨が出てきて痛むという骨軟骨炎です。

    脛骨が出てくる理由は筋肉に引っ張られるということなのですが、成長期の子供に出て来やすいという事は、まだ骨と筋肉のバランスが確定していない時期に、様々なトレーニングや負荷がかかるということによって、この周囲の筋肉が異様に緊張して引っ張るという事をするので、骨軟骨が出てきてしまうという事があるからです。

    スポーツをしている子供に多いという事からも、この原因が筋肉や骨のバランスの異常から来ているという事が分かります。

    大人になってからはあまり見られない症状ですから、ある程度骨と筋肉のバランスが確定して安定すると出にくい事になると考えられます。
    当然の事ではありますが、子供の中でもこの症状が出る子供と出ない子供がいますし、出ても痛みを感じるところまではいかないというケースもあります。

    オスグッドになりやすい原因

    痛みを感じるという事になれば、これは医者に診てもらって治療をしなければならないでしょう。痛みを感じないというケースでも、その症状が更に進行すれば痛みを感じるようになることも考えられるので、医者に診てもらうという事を考えた方がいいかもしれません。

    骨というのは実は毎日作られていて、常に作り替えられるという事になっています。この時に大きな負荷が常にかかり続けるということになると、その部分が出てきて変形してしまうという事があるわけです。

    それが起きたのがこのオスグッドという状態で、大抵は大腿四頭筋と言われる筋肉が引っ張り上げているためだと考えられます。

    きつい運動をするような場合でも、事前にストレッチをしっかりとして、筋肉の曲げ伸ばしを丁寧にしていると、この症状は出にくくなるのですが、急に大きな負荷がかかると、それをきっかけにして常に筋肉が緊張し続ける状態になるので、オスグッドになりやすいと考えられています。ですから、運動の強度と入念なストレッチがこの症状を予防する鍵という事になるでしょう。

1 2