症状・対応疾患(その他対応可能な施術・症例)

首の痛み

寝違い
肩腕症候群
むち打ち
バーナー症候群
頚椎ヘルニア

 

肩の痛み

四十肩・五十肩
野球肩
インピンジメント症候群
上腕二頭筋長頭腱炎
腱板損傷
水泳肩
肩関節周囲炎

 

腕・肘の痛み

ゴルフ肘
腱鞘炎
野球肘・テニス肘
TFCC損傷
ドケルバン症候群
離断性骨軟骨炎

 

背中の痛み

肉ばなれ
猫背等のアライメント補正

 

膝の痛み

靱帯損傷
内側側副靭帯損傷
ランナーズニー(腸脛靱帯)
半月損傷
ジャンパーズニー
軟骨損傷
変形性膝関節症
反復性膝蓋骨脱臼・亜脱臼
タナ障害
膝蓋腱炎(ジャンパー膝)
半月板損傷
オスグットシュラッター病
鵞足炎(がそくえん)
有痛性分裂膝蓋骨
分裂膝蓋骨
腸脛靭帯炎
前十字靭帯損傷
離断性骨軟骨炎
後十字靭帯損傷
内側棚障害

 

足・股関節の痛み

変形性股関節症
鼠径ヘルニア
鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)
ランナーズニー(腸脛靱帯)
チャーリーホース(大腿四頭筋打撲・挫傷)
成長痛(オスグッド)

 

下腿部

腓腹筋肉ばなれ
下腿疲労骨折
アキレス腱断裂
コンパートメント症候群
脛骨過労性骨障害

 

足・足関節

内返し捻挫
疲労骨折
前距腓靭帯損傷
過剰骨・種子骨障害
二分靭帯損傷
リスフラン靭帯損傷
外返し捻挫
腓骨筋腱脱臼
三角靭帯損傷
外反母趾
距骨下関節捻挫
踵骨痛
扁平足障害

 

頭の痛み

片頭痛(偏頭痛)
緊張型頭痛
群発頭痛
上記のような症状、傷病でお悩みの方は、みかも鍼灸接骨院で対応致しますので、お気軽にご相談ください。

 

頭痛について

日本人の4人に1人は頭痛もちだと言われているくらい、日本は頭痛大国です。

明らかな脳の器質的病変を伴わない慢性頭痛には、大きく分けて偏頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛の3種類があります。

偏頭痛は人口の約8%、緊張型頭痛は約20~30%にみられ、群発頭痛は稀です。

偏頭痛は女性に多く(男性の約3倍)、比較的若い年齢層(10~40代)によく起こります。
緊張型頭痛は男女ともに、群発頭痛は男性からの訴えが多くあります。

様々な頭痛がありますが、その中でも頭を悩ませるのが治療の難しい偏頭痛でしょう。

偏頭痛は一般に発作性にみられる片側性の脈拍に一致した拍動性の頭痛で、悪心・嘔吐を伴い、光や音に対して過敏になります。

しかし、両側性で非拍動性の場合でも、日常生活が妨げられる程度の痛みで、階段の昇降など日常的な動作により頭痛が増悪すれば、偏頭痛と考えられます。

偏頭痛には「前駆症状」と呼ばれる前ぶれを伴うタイプと、前ぶれを伴わないタイプがあります。

前兆としては、視野の中心付近から始まりキラキラ光る境界をもつ暗点(見えない部分:閃輝性暗点)や視野障害などが典型的ですが、半身の感覚障害や運動障害、言葉が出にくくなる状態などが認められることもあります。

この前兆は一般に1時間以内に消え、その後頭痛が続いて起こります。
この前兆より前に、食欲亢進、あくび、感覚過敏、むくみ、興奮、疲労感、空腹感などの気分の変調が1~2日間にわたってみられることもあります。

みかも鍼灸接骨院ではこのようなつらい偏頭痛だけでなく、ムチ打ちなど後遺症などケガの後に起こってしまう頭痛、悪天候の際に派生する自律神経の不調で起こってしまう頭痛などであっても、接骨(整骨)や鍼灸の技術も活かしアプローチすることが得意です。

カウンセリングの結果、精密な検査が必要だと思われる症状が確認された場合は適切な医療機関へとご紹介させて頂きますので、安心してご来院ください。

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 みかも鍼灸接骨院 All Rights Reserved.