ゴルフ肘について

ゴルフを続けていることで肘に痛みが生じるケースがありますが、この症状がゴルフ肘と呼ばれるものです。ゴルフをする人がかかる典型的な症状と言えるでしょう。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘が発生する原因としては、肘に無理な力をかけた状態で練習を続けることが挙げられます。つまり普段の練習方法に問題があり、肘に余計な負荷がかかっている状態ということです。

例えば肘が突っ張った状態でスイングを思いきりしていたり、両肘に力を入れ過ぎている、グリップに不必要な力が入っているなどのことが挙げられます。

またゴルフのスイングは体全体を使って行った方がよいのですが、腕だけを使った状態でスイングをしていたり、肘から下の部分を固定し過ぎていることで発症することもあるでしょう。また単純なことですが、グリップが劣化していることによって、無理な力が加わっている可能性もあります。

ゴルフ肘の症状

肘の痛みの中には、野球肘やテニス肘といったスポーツに関係する痛みが多く見られますが、ゴルフ肘の場合には、ほかのスポーツの痛みとは痛む部分が異なります。

ゴルフ肘で痛みが発生しているのは、上腕骨内側上顆部と呼ばれる部分で肘の内側の部分を指します。この部分が炎症を起こしている状態です。

ゴルフ肘は、疲労の蓄積によってもおこります

手首や指を動かす時に必要となる筋肉から、肘を動かすための筋肉にかけて疲労がたまった状態となると、そのしわ寄せとして、この炎症がおこる部分に過度な疲労が蓄積してしまいます。

これにより炎症が発生するということです。痛み方は肘の内側に出る特徴があるので、腕をのばした時、手を握った時などに強い痛みが生じる傾向にあります。

しかし痛みが継続して続くわけではなく、日常生活を送ることはできます。しかしその状態を放置してしまうと、突然激痛に見舞われることになるので、できる限り早い対処が求められます。

ゴルフ肘の対処法

ゴルフ肘の対処法としては、ゴルフを練習する前や終わった後にストレッチを行うことが有効だとされています。腕の筋肉を柔らかくし、筋肉の疲れを軽減することが大切です。

当院へお任せください

ゴルフ肘にお悩みの方は、是非当院にお越しください。当院は最善の方法で施術を行います。

痛みが悪化する前に、当院にご相談下さい!当院は患者様一人一人に合った施術を行ないます。当院は、皆様のご来院を心よりお待ちしております。

専門治療の初回限定お試し価格実施中!

今までいろんな院で治療を受けてきたけど効果を実感できなかった…そんな方のために、最短最速で改善できる独自の専門療法をご提供さえていただいております。もしあなたが痛みやしびれを早期に治したい!とお考えにであれば、当院の専門治療をご体験ください。

保険を使った治療を行っております

 

料金表はこちらから

料金表はこちらをクリック 料金表はこちらをクリック

ご予約・お問い合わせ

電話
電話
WEB予約
  • 店舗画像
  • 住所
    〒441-8048
    愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)
    アクセス
    豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分
営業時間
09:30
~
12:00
×
16:00
~
20:00
×

グループ運営サイト