鍼灸(はりきゅう)治療

鍼灸療法(はり・きゅう療法)とは

鍼灸(はりきゅう)治療

鍼灸治療は、東洋医学の粋とも言われています。

世界中からも、副作用のない治療法として注目されている鍼灸治療。
このやさしい治療法は、身体に負担をかけることなく、様々な効果を得ることができます。

鍼灸治療ではまず、専用の鍼(はり)を使用し筋肉や神経などに刺激を与えます。
刺激を与えることで、エンドルフィン、エンケファリンといった脳内モルヒネといわれる痛みを抑えるホルモンの分泌を促され、それによって症状を軽減されることができます。

頑固なコリや、慢性的な症状、妊娠中のつらい症状に効果があります。

灸(きゅう)は患部を温め、血の流れをよくする効果があります。
冷え症等には特に大きな効果を発揮します。

みかも鍼灸接骨院で使用している鍼はすべて使い捨ての鍼(ディスポ鍼)です。
患者さま同士での鍼の使い回しなどで引き起こされる感染症等の心配は一切ございませんので安心して施術を受けられます。
※施術に使った鍼は医療廃棄物として専門業者に引き取りを依頼しております。
みかも鍼灸接骨院のお灸は心地よい刺激です。
昔のようにお灸をすえたところに大きなやけどの跡が残るようなお灸ではありませんので安心して施術を受けていただけます。

 

こんな方におすすめです

リウマチ
首、肩の痛みや手のしびれ(頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症)
肩関節の痛み(五十肩)
腰の痛み(腰痛症)
神経痛(坐骨神経痛など)
妊娠中の吐き気などつらい症状
その他の痛み(変形による各種関節痛・しびれなど)

 

妊娠中の方へ

鍼灸(はりきゅう)治療

当院へは多くの妊娠中の方にご来院いただいております。

妊娠中には、レントゲンなど各種検査や受けられる治療が制限されます。
多くの内服薬も飲むことができず、つらい症状があったとしても、耐えるしかないと考えている方が多いのではないでしょうか?

そこで、身体にやさしい鍼灸施術がお役に立ちます。

例えば吐き気でつらい場合、これまではつわりだと我慢していたけれど、実はむち打ち症にかかっていたというケースもあります。

ケガからくるつらさなのか、妊娠によるつらさなのか
当院では施術経験の豊富なスタッフが症状を見極め、お腹の赤ちゃんや母体に負担をかけることなく症状の緩和を行います。

基本的には手技が中心となりますが、必要に応じて副作用のない鍼を用いて施術を行います。
妊娠中だからと諦めず、一緒につらさの軽減を目指していきましょう。

 

鍼灸療法(はり・きゅう療法)の費用

はり・お灸施術
一律4,000円
※鍼灸治療については、お気軽にスタッフにお尋ねください。

※健康保険の適応ができる場合がございますがこの場合には、必ず医師の方の同意が必要となります。

 

 

お問い合わせ・無料相談
Copyright(c) 2015 みかも鍼灸接骨院 All Rights Reserved.