分離症・すべり症について

分離症は主に腰に起こる症状で、医療機関においては腰椎、あるいは脊椎分離症とも呼ばれています。
具体的には、腰椎に圧力が掛かり骨折するのが特徴で、腰やお尻と太ももなどに痺れが生じます。

具体的には、腰椎に圧力が掛かり骨折するのが特徴で、腰やお尻と太ももなどに痺れが生じます。

腰を反った時に痛みが増しやすく、スポーツ選手の約3割が患っているというデータもあります。
骨の成長が未発達の子供は、激しい運動やスポーツの練習によって、繰り返し腰に負担が掛かり発祥の原因となりがちです。

実際にそういうケースが多数報告されていますから、成長期の子供は特に注意した方が良いでしょう。

分離症の特徴

痛みが発生する原因は、骨が分離した部分に新たに作られる骨が、神経に触れることが一番大きいと考えられています。

分離症は痛みのみが生じるとは限らないですが、加齢によって原因から痛みを感じ始める場合も少なくないです。

症状の放置は悪化を招きますし、歩行に影響を与えることで知られる、脊椎すべり症の一種分離すべり症に進行するリスクを高めます。
これは骨の分離が進むことが原因で、腰椎が前後にズレてしまうことから、単なる分離症と比べて痛みや痺れが強くなります。

神経の圧迫が腰痛に変わり、慢性化してしまうケースもあるので、違和感を覚えたら速やかに医師に相談するのがおすすめです。

当院へお任せください

相談先は当院がベストで、専門的な知識と設備で詳しく調べてもらえます。
発症に気が付かず、時間が経ってから分離症だと判明することもありますから、悪化を防ぐ為に早期の診断と治療の開始が必要です。

ただ、レントゲンのみでは正しく判断できなかったり、単なる腰痛と診断されてしまう場合もあります。

原因は度重なる腰の負担ですから、思い当たる節がある人は、自覚症状がなくても定期的に検査を受けるのが賢明です。

分離症を疑っていて明確な診断が得られない時は、セカンドオピニオンを求めるのも良いです。

原因を特定しますので、どのような症状を患っているかが判明しますし、分離症と分かれば適切な治療が受けられます。

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院

住所:〒441-8048 愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)

アクセス:豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分