ジャンパー膝について

ジャンパー膝とは

人間の関節は長期的に使っていると何らかの問題が発生する可能性があります。
 
 
そのうちの1つが、ジャンパー膝と呼ばれるものです。膝に痛みを感じる症状です。
 
名前の通り、よくジャンプをするスポーツ等を頻繁に行っていると、結果的に膝に負担がかかってしまい痛みが伴うと考えて良いでしょう。
 
例えば、バスケットボールなどを行う場合や高いところから着地をするスポーツなどを行う場合には膝に負担がかかってしまいます。特に、深くしゃがみ込んでからジャンプしたり体重がかかってしまった場合には膝に炎症を起こしてしまい痛みが伴うわけです。

ジャンパー膝が起きる原因

通常の場合数回行っただけでは炎症を起こす事はありません。
 
しかしながら、継続的に行うことにより次第に膝に炎症を起こしやすくなる傾向が見受けられます。体重自体が直接関係あるわけではありませんが、体重が応対人の方が膝に負担がかかりやすくなり痛みやすくなる傾向があるでしょう。
 
 
このようになった場合対策として、まず安静にしていることが重要です。
 
部活等で膝の痛みが伴った場合にはしばらく部活を休むかジャンプをしない運動をする必要があります。これにより、次第に痛みは引いてくるはずです。治らない病気ではありませんので、負担をかけないことで痛みがなくなることを理解しておけば、それほど心配しなくても済むでしょう。
 
 
また、同時に膝を冷やすことも重要になります。よく、温めれば治ると考えている人がいるかもしれませんが、膝の痛みの場合には温めるよりも冷やした方が治りやすいです。冷やすことによって腫れ等を沈めることができます。
 
基本的に温めた場合には血行を良くするため腰痛等には良いですが、膝の痛みは血行を良くしたところで治るわけではありません。
 
1日で治る事は少ないですが、継続的に湿布を貼り続けるなどで治る可能性が高くなります。

ジャンパー膝は当院へお任せ下さい!

自分での処置も可能ではありますが、まず原因がはっきりと間違った対処をしてしまう可能性があります。

間違った方法で処置を施すと悪化してしまうことがありますのであまりオススメできません。

当院での施術はお客様のお悩みに合わせた施術やケアを行ないます。それにより通常の施術よりも早く改善できますので、お悩みの方はみかも鍼灸接骨院へお越し下さい。

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院

住所:〒441-8048 愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)

アクセス:豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分