脊柱管狭窄症について

背骨のことを医学的な言葉で脊柱と呼び、背骨の中央には親指ぐらいの太さの穴が開いています。

この穴がつながりできる管のことを脊柱管とよびます。脊柱管は首の骨からおしりの骨まで一本でつながっています。

脊柱管の中には脊髄が入っていて、脊髄は下にいくにつれて枝分かれし細くなっていきます。脊柱管狭窄症とは様々な原因によって脊柱管の幅が狭くなる病気です。

脊柱管が狭くなるため、中にある神経が圧迫されて神経症状が現れます。

腰をかがめる姿勢は脊柱管を広げることにもなるので、症状の改善にもなります。軽症の場合には姿勢により神経が圧迫されている時だけに症状が現れますが、進行すると常に神経が圧迫されている状態になるので、安静にしていたとしても症状があらわれるようになります。さらに進行すると神経にダメージを与えることになり、手術で圧迫を取り除いたとしても完全に回復できなくなるケースもあります。

脊柱管狭窄症になるにあたり、その原因となる疾患がいくつか存在します。加齢による変形性腰椎症や背骨同士の間にある椎間関節や靭帯の肥厚、椎間板の突出、腰椎すべり症など、さまざまな状態が組み合わさって症状に関係することになります。

腰椎椎間板ヘルニアの原因

腰椎椎間板ヘルニアとは上下の背骨の間にある椎間板と呼ばれる組織が壊れることで、中身が外に飛び出した状態です。

脊柱管の方向に飛び出すことで脊柱管狭窄症を引き起こすことになります。変形性腰椎症とは、加齢などが原因となり腰の骨が少しずつ変形していくことを指します。

刺激を受けた部分で骨からとげが伸びてきたり、骨と骨の間が狭くなって脊柱管の狭窄にいたります。

特に若い時に腰を痛めた人や、腰に負担がかかる仕事をしているなど、無理があった場合には変形性腰椎症になりやすいとも言われています。

腰椎分離症は若いころの運動などが原因で腰椎のうしろのほうに亀裂が入り分離するものです。分離部分が広がると上下の腰椎が連れて分離すべり症を引き起こすことになり、該当する部分では神経が圧迫を受けやすい状態となります。

ご予約・お問い合わせ

電話

  • 店舗画像
  • 営業時間ネット予約

みかも鍼灸接骨院

住所:〒441-8048 愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)

アクセス:豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分