投球痛について


スポーツをやっている場合には、一度くらい怪我をするものですが長期的に痛みが伴う場合などはそのスポーツを一旦離脱しなければならないことがあります。野球などではボールを投げるとき肘に負担がかかることが考えられます。

このとき、普段以上に肘を曲げたりすることにより痛みが伴い肘が動かせなくなることあります。特に、力強く投げなければならないピッチャーの場合にはひじを痛めることが多くあるでしょう。これを投球痛と呼びます。

投球痛の原因


通常、人間の肘はある程度柔軟にできていますが、必要以上に力をかけてしまうと肘に大きな負担がかかることになるわけです。特にピッチャーの場合には速い球を投げたり変化球を投げる場合もありますので肘にかかる負担は普通の人の何十倍になるでしょう。

力強く投げた時に、関節自体に大きな負担がかかってしまい、肘が腫れてしまうことが考えられます。これが投球痛の原因と言えるわけです。それ以外にも、体操選手が鉄棒などで自分の体を支えて回転したりする場合にはこのような症状が見受けられることもあります。
もし、痛みを感じた状態でそのままプレイを続けるともちろん悪化してしまいます。

多少の痛みくらいは問題ないと考えても、数日間痛みが消えないようならば検査・治療をする必要があります。応急処置として具体的な対処方法としては、やはり冷やすことに限るでしょう。
冷やすことにより、痛みを取ることは可能です。ただ、それだけでなく動しないことも重要になります。ランニングぐらいならば問題ありませんが、ひどい状態の時は肘を固定しなければなりませんので運動する範囲が限られてきます。

あまりひどい状態になってしまうと、手術をすることになる可能性もあります。

投球痛でお悩みの方は当院へ!

予防や応急処置であればご自分で出来る範囲ではございます。しかし、今後も変わらずスポーツを続けていく場合は根本から改善し、万全の状態に戻る必要があります。

お客様一人ひとりに合った適切な施術が出来る当院で早期回復を目指しましょう!

初回限定お試し価格実施中

 

ご予約・お問い合わせ

電話
電話
WEB予約
  • 店舗画像
  • 住所
    〒441-8048
    愛知県豊橋市西小池町23※100円ショップセリア 小池店 敷地内(青い看板が目印)
    アクセス
    豊橋鉄道渥美線【柳生橋駅】or【小池駅】下車 徒歩5分
営業時間
09:30
~
12:00
×
16:00
~
20:00
×

グループ運営サイト